井出慎二流サックスレッスン 5つのこだわり 「音」

サックスへの憧れ…もちろん人それぞれだとは思いますが

「あのテクニックに憧れて」より「あの音にあこがれて」

という方のほうが圧倒的に多いでしょう

 

サックスはやっぱり「音」ですよね♪

 

奏者ひとりひとりの個性を持った音を紡ぎ出しやすい事も、サックスの魅力の一つです。

前述の通り、サックスは技術に錯覚を起こしやすい楽器です。

とお悩みの方が大勢いらっしゃいます。

「長年、曲をたくさんやり続けていれば、音が必然的に良くなる…」

というわけではありません。

 

生徒さんが目指す憧れの音を間近で表し、その音を作り上げるプロセスとして

重要であることを講師がしっかりと「音」で本人に伝え、

その目標に向かえば基礎練習が「楽しいもの」に変わりますし、

私自身もそうして上達致しました。

 

そして管楽器は演奏や体に負担をかけないことも含め、

基礎練習が何よりも大事なことで、素晴らしいプレイヤ―であればあるほど、

基礎練習の重要さを語っております。

 

 SAXのベル【朝顔】は前に向いています。

それは沢山の様々な人がいて、あなたが紡ぎ出す音で楽しむためなのです。

その姿を想像してみてください。

 

井出慎二サックスレッスン教室では皆様の紡ぎ出す音で

「聴いている人をも楽しく、笑顔にさせる」をモットーに

感動する「音」づくりを最重視して、一人ひとりにアドバイスさせていただいております。